キーボードリル|体験者の口コミとおすすめコンテンツ3選をご紹介!

「キーボードリルで本当にタッチタイピングができるようになるの?」
「何度もタッチタイピングに挑戦してみたけど、毎回諦めてしまう」
「独自打法でも打ててるからやってみようか迷う」

キーボードリルのこんな悩みを解決します!
実際にキーボードリルを体験した人の口コミ・評価からタイピングの学習効果を解説します。
初心者におすすめなコンテンツも紹介しているので要チェックです!

今すぐ「キーボードリル」をはじめる >
まずは気軽にチャレンジ!目指せ高速タイピングマスター!

目次

キーボードリルを体験した人の口コミ・評価

実際にキーボードリルでのタイピング学習を体験した人のアンケートから口コミや評価をご紹介します。

キーボードリルでタイピングを習う人は、一度タッチタイピングの習得に挑戦したことはあるが途中で挫折してしまったり、独自打法に限界を感じている人が多いです。

良い評価

のアイコン画像

練習の段階でタイプミスのペナルティがないのが嬉しい…!前使っていたものは文字が多い上に1個でも間違えるとタイプミス判定になってもう一度になってしまい大変でした。

のアイコン画像

とてもわかりやすくて初心者に優しいと感じました。キャラクターを変えることができるのも面白く、どのキャラクターも若干シュールで面白かったです。毎日のルーティン練習があるのもモチベーションになって良いかと思います!

良い評価からは全くの初心者にもキーボードリルが効果的なことが分かります。
特にタイプミスのペナルティはタイピング習得にかかせないものですが、多すぎると継続しづらくなります。
キーボードリルの練習の段階では何回間違えても、正しいキーを押せれば次に進むことができます。
まずは基本レッスンをしっかり抑えておきましょう。

悪い評価

のアイコン画像

ゆっくりでも打てるようになってる気はします。
ただ、今までのクセが少し抜けないところもあって、気を抜くといつもの指使いをしてしまう感じですね。

のアイコン画像

「yu」などは場合によっては人差し指→中指で一気に押したほうが早い時があるので、そうした自分のクセを治していくべきか、ある程度保持した状態のままで進めてもいいのか、という点は気になりました。

悪い評価からは、独自打法でタイピングができる人からの不安が見られました。
独自打法の方もまずは基本レッスンで正しい指の運び方を覚えましょう
日々の仕事や作業では独自打法でかまいません。
毎日のルーティン練習では必ずキーボードリルで習得した指の運び方で練習しましょう。
慣れてくると独自打法よりも早く正確に打てるようになります。

タイピング習得にかかる料金についてはこちらもご確認ください。

口コミ・評価からわかるキーボードリルの学習効果

キーボードリルでのタイピング練習はキーの位置を覚える練習と、スピードを上げる練習に分かれています。
キーの位置を覚える練習では必ず正しいキーが押されるまで次のレッスンには進行しません。
途中で間違ってしまっても間違ったところからやり直すことができます。

キーボードリル基本レッスン画面1

またキー入力の指示をしてくれるキャラクターを4種類の中から何度でも選ぶことができます。
タイピングゲームの多くは飽きやすく継続しづらい印象がある人もいるかも知れません。
キーボードリルでは気分によってキャラクターを変えることでリフレッシュしながらタイピング練習を続けることができます。

キーボードリルキャラクター4種類

タイピング習得のポイントについてはこちらの記事もご確認いただくことをおすすめします!

今すぐ「キーボードリル」をはじめる >
まずは気軽にチャレンジ!目指せ高速タイピングマスター!

初心者におすすめコンテンツ3選をご紹介!これで誰でもできる!

  • パソコン操作は苦手…
  • タイピングが遅い…

そんな初心者の方におすすめなキーボードリルのコンテンツ3選をご紹介します!
まずは体験版でやってみて効果を体験してみましょう。

【体験版】動画でわかるキーボードの基本

キーボードリルの体験版の一番最初には動画でキーボードの手の置き方や動かし方をご紹介しています。
まずどうやって始めたらいいのかわからない方は必見です!

キーボードリルホームポジションの動画説明

【体験版】基本レッスン

体験版の後半では、アルファベットを使わない方法でキーの場所を覚えていきます
例えば「き」は、「右手中段中指、続けて右手上段中指を押してみましょう」といったように指示します。
キーボードの画像とともに手のイラストも表示されるため、初心者でも簡単に覚えることができます。

キーボードリル体験版基本レッスン

【体験版】測定チャレンジ

初心者だけど、入力はできるよ!という方におすすめなのが測定チャレンジです。
キーボードリルの測定チャレンジでは、タイピング速度だけでなくバックスペースの使用回数まで計測できます。

キーボードリルの測定チャレンジ画面

タッチタイピングはいくら速くても、バックスペース使用回数や入力ミスが多いと意味がありません
タイピング速度には自信がある人もぜひ一度やってみてください。

体験版について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

まとめ:体験者の口コミとおすすめコンテンツ3選

キーボードリルの口コミ・評価を紹介してきました。

  1. タイプミスペナルティが少ないので初心者にも安心
  2. キャラクターを変えることで継続力アップ
  3. すぐに独自打法から入力方法を変える必要はない

タイピング初心者はまずは正しいキーの場所と指の運び方を覚えることです。
独自打法ですでに入力できる人も、ルーティン練習で少しずつクセを直しましょう。
継続していれば素早く正確に打てるようになります。

どんな方でもまずは、体験版でやってみて効果を実感してみましょう。

今すぐ「キーボードリル」をはじめる >
まずは気軽にチャレンジ!目指せ高速タイピングマスター!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる